MENU

アレルギ−性結膜炎が完治するまでにかかる期間について等

スポンサーリンク

アレルギ−性結膜炎とはその名前からも分かるように、目の疾患の一つである結膜炎の一種になります。
結膜炎とは目の中の結膜と呼ばれる膜に、何等かの理由で炎症が起きてしまう疾患の事を言います。
発症の原因は複数ありますがアレルギ−性結膜炎の場合には、病名にもあるようにアレルギーが原因となって発症します。
 アレルギ−性結膜炎の原因物質は人によって様々ですが、代表的なものとしてはダニやペットの毛等を挙げる事が出来ます。
それ以外にも花粉が原因となって発生する場合も多く、この場合には花粉症という病名で呼ばれる事もあります。
花粉が原因の場合には多くの花が咲く春に強く現れる事が多いですが、それ以外にも秋に症状が現れてしまうケースもあります。
またコンタクトレンズやアイメイク等が原因となって発症する事もあるので、普段から注意しておく事が大切だと言えます。
 発症に気付きながらも放置を続けると悪化する可能性もありますし、いつまで経っても完治は望めないです。
そのため発症の疑いがある場合には早めに病院を受診して、適切な治療を受けるのが早く完治させる近道だと言えます。

スポンサーリンク

 アレルギ−性結膜炎を発症した場合に現れる症状としては、目の痒みや充血、目やにが大量に発生する等が挙げられます。
その中でも特に目の痒みは強く現れる事が多く、我慢出来ずに掻きむしって目が傷付くと視力低下を招く事もあります。
それ以外にも目の中がゴロゴロするような違和感を感じたり、目や瞼が腫れてしまったりする事もあります。
 アレルギ−性結膜炎の治療方法については原因によって異なるため、まずは原因を特定する事が重要になります。
例えば花粉症の場合にはアレルギー薬を点眼して花粉が出ている期間を乗り越えたり、アトピーの場合にはステロイド薬を用いたりします。
 また完治させるためには住環境の中から、アレルギーの原因物質を遠ざける事も大切になります。
 ちなみにアレルギ−性結膜炎が完治するまでにかかる期間についてですが、人によって完治期間は多少異なります。
アレルギ−性結膜炎の症状が重ければそれなりに完治までの期間は長くなりますし、比較的軽度ならば完治期間も短くなる事が多いです。
そのため一概に完治までの期間を言いきるのは難しいですが、一般的には3週間程度の期間がかかる事が多いとされています。

スポンサーリンク