MENU

マツエクが原因のアレルギ−性結膜炎の症状等について

スポンサーリンク

アレルギ−性結膜炎とはその名前からも分かるように、目の疾患である結膜炎の一種になります。
結膜炎とは目の中にある結膜という膜に、何等かの理由によって炎症が起きてしまう事を言います。
結膜炎が起きる原因は細菌感染等様々ですが、アレルギ−性結膜炎については病名の通りにアレルギーが原因となって起こります。
 アレルギ−性結膜炎を起こす原因物質は人によって異なりますが、代表的なものとしてはダニやペットの毛等が挙げられます。
それ以外にも花粉が原因となるケースや、マツエクが原因となるケース等も少なくないです。
 マツエクとはまつ毛に施すエクステンションの事で、マツエクをする事で目元を華やかにする事が出来ます。
このマツエクは元々生えているまつ毛に一本ずつ取り付けるので、その元々のまつ毛が抜けるまで効果が持続します。
 しかしマツエクを行った人の中には、目の痒みや腫れ等の症状を訴える人も少なからずいます。
実はマツエクを付ける際に接着剤を使うのですが、この接着剤によってアレルギ−性結膜炎になる事があるのです。
そのためマツエクをやろうと考えている場合には、まず接着剤にアレルギーがあるか否かを確認する事が大切だと言えます。

スポンサーリンク

 アレルギ−性結膜炎を発症した場合に現れる症状としては目の痒みや充血、目やにの大量発生等が挙げられます。
この中でも特に目の痒みは強く現れる事が多く、我慢出来ずに掻きむしってしまうと目を傷付けて視力低下等の症状を招く事もあります。
それ以外にも目や瞼の腫れ、目の中にゴロゴロとした異物感を感じる等といった症状が現れる事も少なくないです。
  またアレルギ−性結膜炎はアレルギーの一種であるため、状態が重いと症状が全身に現れてしまう事もあります。
ひどい時にはショック症状となって、命に関わる可能性も出てくるので甘く見ない事が大切です。
そのため少しでも疑われる症状が見られた場合には放置せずに、早めに病院を受診するのが望ましいと言えます。
 アレルギ−性結膜炎の治療方法は原因等によって異なるので、まずは原因を特定する事が重要になります。
原因が特定出来たらその原因物質を出来るだけ遠ざけて、アレルギー薬の点眼等を行うのが一般的です。

スポンサーリンク