MENU

ストレスが原因の一端となる事もあるアレルギ−性結膜炎について

スポンサーリンク

アレルギ−性結膜炎とはその名前からも分かるように、目の疾患の一つである結膜炎の一種になります。
結膜炎とは目の中にある結膜という膜が、何等かの理由によって炎症を起こす疾患の事を言います。
結膜炎が発生する原因については複数の事柄が考えられますが、アレルギ−性結膜炎はその名の通りにアレルギーが原因で発生します。
 アレルギ−性結膜炎を引き起こすアレルギーの原因物質としては、ダニやペットの毛等が代表的となっています。
それ以外にも花粉が原因となる事も少なくなく、花粉が原因の場合には花粉症という名前で呼ばれる事になります。
 また原因の一端を担うものとして覚えておいたほうが良いのが、ストレスの蓄積が悪影響を及ぼすという点です。
日々の仕事や人間関係によってストレスが蓄積する事は珍しくないですが、そのストレスを上手く解消出来ずに蓄積させてしまう事もあります。
このストレスの蓄積が続いてしまうと体の免疫力等が低下して、アレルギー症状を引き起こす事があるのです。
そのためストレスが蓄積してきていると感じている場合には、意識してストレス解消をする事が大切だと言えます。

スポンサーリンク

 アレルギ−性結膜炎を発症した場合に現れる症状としては目の痒みや充血、目やにが大量に発生する等が挙げられます。
この中でも特に目の痒みは強く現れる事が多く、我慢出来ずに掻きむしると目を傷付けて視力低下等を招く事があります。
他にも目や瞼が腫れたり、目の中がゴロゴロするような異物感を感じたりする事も少なくないです。
 アレルギ−性結膜炎の治療方法は原因等によって異なるため、まずは原因を特定して遠ざける事が大切になります。
その上でアレルギー薬を点眼での投与、必要に応じてステロイド薬で炎症を鎮める等の治療が行われます。
ただステロイド薬は長期に渡って使用すると副作用で緑内障になる事もあるので、ある程度炎症が落ち着いたら薬を変更する必要があります。
 また前述したようにアレルギ−性結膜炎はストレスの蓄積で引き起こされたり、悪化したりする事も少なくないです。
そのため普段からストレスを溜める事のないように、自分の心に気を配る事も重要だと言えます。
アレルギ−性結膜炎はアレルギー反応の一種であるため完治させる事が難しいので、上手くコントロール出来るようにする必要があります。

スポンサーリンク