MENU

コンタクトずれることによるリスクとアレルギ−性結膜炎の症状

スポンサーリンク

花粉やダニ、埃や動物の毛などが原因となって、引き起こされるのがアレルギ−性結膜炎です。
アレルギ−性結膜炎の症状は下瞼を中心にかゆみを感じ、瞼や白目が赤くなり、目ヤニで目が開かなくなる場合も少なくありません。
症状緩和のためには医療機関での薬物療法や、運動を行う、抵抗力をつけるなどが有効です。
視力のあまりよくない人にとって大切なのは、コンタクトの使用の有無といえます。
使用したい気持ちはとても分かりますが、アレルギ−性結膜炎の場合、できるだけ眼鏡を使用したほうがいいでしょう。
症状が出ている時にコンタクトずれることで、眼球に傷がついてしまい、さらなる眼病になるリスクがあるからです。
コンタクトずれると感じる時に、かゆみや痛みがかえって症状の悪化を引き起こしてしまうと、考える人も少なくありません。
しかし、コンタクトを使用することを避けたほうがいい理由は、使用が雑菌の繁殖を更に進めてしまう可能性があるからです。

スポンサーリンク

コンタクトずれる痛みよりも、コンタクトを使うことでコンタクトの裏側に雑菌や、アレルギー反応を起こす成分が蓄積されるのは事実です。
また、コンタクトレンズに付着するたんぱく質が原因で、別のアレルギ−性結膜炎を引き起こしかねません。
コンタクトずれる痛みは激しく、痒みも加わって建てなくなるリスクもあるため、コンタクトずれるリスクを避けるため、コンタクトレンズは避けましょう。
アレルギ−性結膜炎は適切に治療することで、軽減する可能性が高いといわれています。
症状の緩和だけでなく、アレルギ−性結膜炎の症状悪化を避け、コンタクトずれることによって仕事や通勤・通学に異常をきたさないことが大切です。
どうしても使用する場合は毎日使い捨てするタイプのものは雑菌が少なく、安全性が高いといいます。
ただし、毎日目の洗浄も必ず行ってください。
コンタクトずれることによる地獄の苦しみや、雑菌繁殖による失明の危機を避けるためには、アレルギ−性結膜炎の症状が出ている場合、コンタクト使用を避け、眼鏡にしてください。

スポンサーリンク