MENU

アイメイクはアレルギ−性結膜炎の症状を悪化させる原因

スポンサーリンク

アレルギ−性結膜炎の症状を悪化させる原因の一つが、アイメイクです。
特に症状を悪化させる原因といわれるのが、エクステやつけまつげ、マスカラやまつ毛パーマといった、まつ毛に関するメイクといわれています。
なぜまつげを中心にしたアイメイクが、症状を悪化させる原因となるのか、その理由としては、アレルギ−性結膜炎の仕組みが関係しているからです。
アレルギ−性結膜炎は、まつ毛や目の周り、目自身に花粉やアレルギー発症の疑いがある成分を付着させてしまうと、目のかゆみ・瞼の裏や白目の炎症を引き起こしてしまう症状を指します。
アレルギー発症をしない為には、刺激を与える成分だけでなく、類似した成分全てを目の周辺やまつ毛に与えない事です。
しかし、アイメイクをする女性は多く、目の周辺にこだわりを見せれば見せるほど、症状の悪化を招いてしまいます。
痒みによって目をこすることが原因で、症状がさらに悪化する可能性も少なくありません。

スポンサーリンク

そこでアレルギ−性結膜炎の場合、原因となりやすいアイメイクは控えて、アレルギーの元となる成分を確認してください。
季節の変わり目に起こる場合は、花粉症からくる可能性が高いですが、通年痒みを感じる場合は、別の成分が原因であることも少なくありません。
その場合、使用しているアイメイクの成分を確認し、アレルギー科でチェックしておいたほうがいいでしょう。
アレルギ−性結膜炎の原因となりうる成分が化粧品に含まれている場合、含まれていない化粧品を使用して、症状の悪化を防いでください。
アレルギ−性結膜炎は治る人もいれば、ずっと付き合わなければいけない人など、個人差があります。
そのため、アイメイクで悪化させるよりも、正しくアレルギーの成分を確認し、悪化させないように努めることが回復への一歩です。
アレルギー源が花粉で、季節が過ぎてからアイメイクを行う場合も、できる限り刺激となって翌年のアレルギ−性結膜炎が悪化しないように気を配ることも大切といえます。

スポンサーリンク