MENU

結膜炎による目の充血がなかなか治らない場合等について

スポンサーリンク

結膜炎とは目に発生する疾患の一種で、目の中の結膜と呼ばれる部分に炎症が発生する事を言います。

 

この疾患は年代や性別等に関係なく誰でも発症する疾患で、実際に経験した事がある人も少なくないはずです。

 

 結膜炎を発症する原因については実に様々なものがあり、中でも感染性のものやアレルギー性のものが多いと言われています。

 

感染性は何等かの細菌やウイルスが目に付着・増殖する事で、目に色んな症状が現われるというタイプです。

 

アレルギー性は本人がアレルギーを持っている原因物質に、不意に触れる等して発症するタイプとなっています。

 

ちなみに、この疾患は感染性の場合には人から人へうつる可能性も充分にあるので、くれぐれも注意が必要です。

 

スポンサーリンク

 結膜炎を発症した場合に現われる症状としては、白目の充血や大量の目やにの発生等がよく知られています。

 

それ以外にも痒みを感じたり、目の中がゴロゴロするような違和感を感じるという人も少なくないです。

 

ひどくなると瞼の裏にブツブツとした出来物が出来たり、場合によっては視力の低下が発生する事もあります。

 

 ちなみに患者の中には、目の充血がいつまでも治らないという症状が現われる場合があります。

 

充血が治らない状態が長く続く場合には、結膜炎が急性ではなく慢性である可能性が考えられます。

 

そのため、こういった場合には出来るだけ速やかに病院を受診して、適切な対処や治療を受ける事が大切になります。

 

 この慢性タイプの治療方法も急性タイプと基本的に一緒で、点眼タイプの抗菌薬の処方等が行なわれる事が多いとされています。

 

スポンサーリンク