MENU

オドメールはアレルギー性結膜炎に効果のある目薬

スポンサーリンク

結膜炎は眼球にある結膜と呼ばれる部位が炎症を起こす目の病気です。

 

結膜とは白目の部分にある半透明の膜で、涙の量を調節したり微生物の侵入を防いだりする役割を担っています。

 

結膜炎の代表的な症状は白目部分の充血です。

 

毛細血管が浮き出て、赤く染まったように見えます。

 

また、目やにが多く出るようになります。

 

その他、かゆみを生じたり光を以上にまぶしがったりするような付随的な症状が出ることもあります。

 

結膜炎は発症原因によって感染性とアレルギー性との2種類に分類されます。

 

感染性のものはさらに感染原因が細菌によるものとウイルスによるものとの2つに分かれます。

 

ちなみにプールで感染することが多いことから通称プール熱とも呼ばれる目の病気はウイルス性結膜炎の一種です。

 

スポンサーリンク

結膜炎の治療は目薬による薬物療法が基本となります。

 

感染性の場合は抗菌剤や抗生物質が主に使われます。

 

一方、アレルギー性の場合は抗アレルギー薬や抗炎症薬が主として用いられます。

 

このうち抗炎症薬としてよく使われるのがオドメールです。

 

オドメールはステロイド系の目薬で、炎症の反応過程においてアラキドン酸という物質が生成するのを阻害する作用があり、炎症を抑える効果があります。

 

眼瞼炎や角膜炎など、目の炎症を改善する目的で広く使われています。

 

オドメールには高い抗炎症効果がありますが、使用には注意が必要です。

 

ステロイド剤は用量によっては眼圧を高め、緑内障の発生リスクを上昇させることがあります。

 

使用時には医師の指示を厳守する必要があります。

 

スポンサーリンク