MENU

結膜炎の目薬パタノールの効果は

スポンサーリンク

パタノールは結膜炎の中でもアレルギー性結膜炎の場合に処方されることの多い目薬です。

 

これは抗アレルギー系であり、花粉などが原因である場合に使用されるのが一般的です。

 

効果に関しては、症状が出てから症状を軽くするのにももちろん効果はありますが、それだけでなく、症状が出る前に使用しておくことでアレルギーの症状を軽くする効果もあります。

 

また、パタノールはステロイド系でないので、副作用が無いのがとても便利であり、即効性も高いことから、花粉症等による目のかゆみに対してもパタノールが処方されます。

 

何より、大人だけでなく、乳幼児などといった小さい子供にも使用することの出来る目薬であるので、安心して利用することが出来ます。

 

スポンサーリンク

アレルギー性結膜炎にかかってしまった場合、どのような対策を行えば良いのでしょうか。

 

これに関しては、アレルギーの原因となるものを徹底的に取り除くことです。

 

これに関しては、ハウスダストやホコリなど、普通に生活しているうえで発生するゴミや花粉であることが多いです。

 

ゴミが原因である場合であると、そのゴミが発生しないように丁寧に家の掃除を行う、学校などと言った場所ではメガネなどを着用して目に入らないようにするという対策が挙げられます。

 

また、花粉が原因である場合は、花粉専用のメガネも現在は簡単に手に入れることが出来るので、そのようなメガネを使用して目に花粉が入らないようにしましょう。

 

また、身体に付着した花粉も原因となりかねないので、部屋に入る際は花粉をしっかり取ってから部屋に入ることも大切です。

 

スポンサーリンク