MENU

結膜炎の治療で用いられる目薬の副作用等について

スポンサーリンク

結膜炎とは目に発生する疾患の一種で、何等かの原因で目の結膜と呼ばれる部分に炎症が起こる事を言います。

 

この疾患は目に関する疾患の中でも特に有名で、どちらかというと身近な疾患の一つとされています。

 

年代や性別等に関係なく誰でも発症する可能性がある事から、日頃から注意しておいたほうが良いと言えます。

 

 この疾患を発症する原因については複数の事柄が挙げられるのですが、大きく感染性とアレルギー性に分類する事が出来ます。

 

感染性は細菌やウイルスに感染する事で発症するタイプ、アレルギー性はアレルギー反応の一種として症状が出るタイプです。

 

ちなみに感染性の原因で発症した場合には、人から人へうつる可能性もあるので身近に患者がいる場合は注意が必要です。

 

スポンサーリンク

 結膜炎で発生する代表的な症状としては、白目の充血や痒み、大量の目やにの発生等が挙げられます。

 

それ以外にも状態が悪化すると瞼の裏に細かな出来物が出来たり、ひどい時には視力の低下を招く場合もあります。

 

 結膜炎の治療方法としては目薬を処方される事が多く、その中身は抗菌薬や炎症を抑える薬等が使われています。

 

この目薬による治療はとても一般的で用いられる事が多いのですが、まれに副作用が起きる事があるので気を付けたほうが良いです。

 

代表的な副作用としては眼圧の上昇や角膜の障害、目の周りの痒みやただれ等が挙げられます。

 

これらの症状や何か違和感を感じたりした場合には、速やかに病院に相談して対応してもらうのが望ましいです。

 

スポンサーリンク