MENU

結膜炎は幼児に多く目薬で治療をします

スポンサーリンク

結膜炎は、結膜が炎症を起こした状態を言います。

 

結膜とは、まぶたと眼球の境目の薄い膜ですが、そこに細菌やウイルスが繁殖して、充血したり、目やにが出るなどの症状を結膜炎と言います。

 

結膜炎は大人でもかかりますが、特に幼児はまだ免疫力が弱いため、細菌やウイルスに感染すると発症しやすく、また、放っておくと、角膜が傷ついて視力が落ちたり、最悪の場合には、失明することもあるため、幼児の目の異変に気づいたら、少しでも早く眼科を受診することをおすすめします。

 

日頃から目の状態を常に観察し、頻繁に目をこする仕草が見られたり、目やにがいつもより多いような時には、その後の症状の変化に、少し注意をしてみることが大切になります。

 

スポンサーリンク

結膜炎の原因には、細菌性とウイルス性・アレルギーによるものがあります。

 

汚れた手で目をこすって細菌が入り、感染して発症するもので、幼児に多いタイプです。

 

また、アデノウイルスなどのウイルス性も、手から感染することが多いですが、夏にプールで感染することもあり、目の症状だけではなく、喉の痛みや高熱が出ることもあります。

 

さらにアレルギーによるものも、幼児に多く見られます。

 

これは、花粉やダニなどのアレルギー物質が原因になり、特に目のかゆみが強く出ます。

 

それぞれの原因に合わせて、抗生物質の目薬や抗炎症の目薬を投与して治療します。

 

アレルギーによるもの以外は、一般的に10日から数週間で完治すると言われています。

 

スポンサーリンク