MENU

目やにが多く出るのは、結膜炎の症状の1つです

スポンサーリンク

結膜炎は、結膜が充血して炎症を起こす病気のことで、目の病気の中ではよく見られます。

 

結膜は病原物質にさらされやすい状態にあるため、炎症を起こしやすいです。

 

放置しておくと視力に影響が出ることから、早めの対処が必要です。

 

結膜炎には色々な種類のものがあり、細菌性・ウイルス性・アレルギー性の3種類が主です。

 

症状として、目やにが多く出る・目がかゆくなる・目の充血などがあげられます。

 

細菌性の場合は、インフルエンザ菌や肺炎球菌により、ウイルス性は手やハンカチを通じて感染します。

 

アレルギー性は、花粉に加えホコリやコンタクトレンズの汚れにより引き起こされます。

 

治療方法として、細菌性結膜炎は抗菌薬を点眼することが主となります。

 

スポンサーリンク

点眼をすると早くて数日で回復することがあります。

 

ウイルス性は、炎症や二次感染を防ぐ目的での点眼薬の治療が中心となり、回復までには数週間要します。

 

発疹が見られるときは眼軟膏が用いられます。

 

アレルギー性は、アレルギーや炎症を抑える薬の点眼を行い、花粉が原因であるときは、症状が現われる前に行うと効果があります。

 

結膜炎の予防法として、手で目をこすらないことや外出した際は手洗いを励行するようにします。

 

目やにが多く出たときは、ティッシュペーパーで取り除きます。

 

普段から十分な睡眠をとり、適度な運動を行うことも大事です。

 

ビタミンB2が豊富に含まれている納豆や乳製品などを摂取することは、結膜炎の予防につながります。

 

スポンサーリンク