MENU

幼児子供の結膜炎の症状とは

スポンサーリンク

結膜炎にはウイルスによるウイルス性のものと細菌性のものとアレルギー反応によるアレルギー性のものがあります。

 

どの結膜炎も症状は目がかゆい、充血、目やにが出る、ゴロゴロするなどがあります。

 

幼児や子供の場合、症状が強く出ることがあります。

 

アレルギー性結膜炎は他人にうつりません。

 

ウイルス性は感染力が強いので、他者にうつる可能性が高いです。

 

幼児や子供の場合、学校は出席停止です。

 

眼科を受診し、医師の許可が出るまで、保育園や学校は欠席します。

 

プールも医師の許可が出るまで入らないようにします。

 

眼科を受診し、目薬を処方してもらいます。

 

幼児や子供は目薬を嫌がることもあるでしょうが、早く治さないと合併症を起こしてしまうことがあります。

 

点眼回数をきちんと守ります。

 

スポンサーリンク

ウイルス性結膜炎はとても感染力が強いので、うつさないようにすることが重要です。

 

症状が片目のみの場合は、その目にだけ点眼します。

 

目を触ったり、こすったりしないようにします。

 

もう片方の目に移ってしまうからです。

 

目を触るのは目薬を差す時だけにし、ティッシュペーパーを使用します。

 

使用後はビニール袋に入れてから捨てます。

 

使用後のティッシュペーパーも触らないように注意します。

 

患者だけでなく、家族も石鹸を使って、きちんと手を洗います。

 

タオルは家族とは別々のものにします。

 

患者の枕カバーやシーツは洗濯して日に当てて乾かします。

 

ドアや電気のスイッチなども患者が触らないように注意します。

 

症状がひどいうちはお風呂も避けます。

 

症状が治まってからお風呂に入りますが、最後に入ってお湯は捨てます。

 

きちんと治療すれば10日間ほどで治ります。

 

スポンサーリンク