MENU

結膜炎の原因や症状が治らない原因について

スポンサーリンク

結膜炎とは、白目とまぶたの裏側を覆っている半透明な幕(結膜)が、赤く充血して炎症を起こす病気のことを言います。

 

種類としては皆がかかりやすいものとして3つあります。

 

まず1つ目は「細菌性結膜炎」です。

 

これは細菌に感染して起こるもので、「急性」と「慢性」があり大体の人は両目に見られることが多いです。

 

症状としては、充血がひどく、肺炎球菌やインフルエンザ菌が原因と言われています。

 

次に2つ目ですが「ウィルス性結膜炎」です。

 

これはウィルスに感染して起こるもので、代表としては「アデノウィルス」や「ヘルペウィルス」などが挙げられます。

 

そして3つ目ですが「アレルギー性結膜炎」があります。

 

これは「花粉」や「ダニ」などのアレルギーに反応して起こります。

 

症状としては「目のかゆみ」や「異物感」、「結膜の充血」があり、季節に関係なく発症し、慢性化しますが、比較的症状は軽いです。

 

スポンサーリンク

これらの症状が治る期間は、細菌性で数日、ウィルス性で2〜3週間ほどと言われていますが、なかなか治らないこともあります。

 

なかなか治らない場合は、「通年性アレルギー性結膜炎」の可能性があります。

 

通常のアレルギー性の場合は、花粉やスギに反応するので「季節性」と呼ばれています。

 

しかし「通年性」の場合の主な原因は「ハウスダスト」や「ダニ」、猫や犬の「抜け毛」だったり、「フケ」や「カビ」に反応して症状が出ます。

 

どちらの場合も治療法としては「点眼療法」が基本となります。

 

その他症状に応じて眼軟膏や内服薬を処方される場合もあります。

 

それでも治らない場合は、冷たいタオルやタオルを巻いた保冷剤などで冷やすと、目のかゆみを和らげる効果があります。

 

日常生活では、汚れた手で目をこすらない、手をよく洗うといった習慣をつけることが大切になります。

 

スポンサーリンク