MENU

アレルギー性結膜炎に眼帯は必要か

スポンサーリンク

アレルギー性結膜炎は基本的にその人の持つアレルギーが原因で発症する結膜炎であり、周囲の人たちに感染することはありません。

 

そうであるので、一般的な結膜炎と比べて眼帯をする必要はありません。

 

そうではありますが、アレルギー性結膜炎は前髪が目に入ったり、花粉の舞う時期に悪化することが多いです。

 

そのため、これ以上悪化させないためにも、眼帯はしておいた方が良いと言えます。

 

花粉だけでなく、ホコリやダニが悪化させる原因であることも少なくは無く、学校や会社などといった人の多くいる場所はそのような悪化させる原因となる要素がたくさんあります。

 

そのため、特に人の多い場所に行く場合は対策として眼帯を付けておきましょう。

 

スポンサーリンク

アレルギー性結膜炎は花粉が原因であることが多いので、この場合に関しては対策を行うことが可能です。

 

この対策法に関しては、花粉が舞い始める時期になる前に抗アレルギー点眼薬を使用することで症状を軽くするという方法であり、完全に症状を抑えることは難しいですが、これを使用するだけで相当症状が楽になります。

 

また、日頃から家の掃除をこまめに行うことも対策になります。

 

それに加えて花粉症対策と同様、マスク・メガネ・帽子をしっかり装着することで花粉の付着を防ぎ、それが発症・悪化の対策になります。

 

また、かかってしまった場合、どうしても目を掻きたくなってしまいますが、掻いてしまうと目の周りが切れてさらに目がかゆくなったりするのでそのようなことはやめましょう。

 

スポンサーリンク