MENU

結膜炎を起こした際の原因別の応急処置について

スポンサーリンク

結膜炎は、粘膜が赤く充血して炎症を起こす病気です。

 

大きく分けて感染による細菌性のものや、アデノウイルスやエンテロウイルスなどによるウイルス性のものや、アレルギーによるアレルギー性ものがあります。

 

細菌性のものは黄色ぶどう球菌や表皮ぶどう球菌などの細菌が原因となり、黄色い目やにが多く出たり、白目が充血します。

 

ウイルス性ものは、アデノウイルス8型が原因となる「流行り目」や、アデノウイルス3型が原因の「プール熱」や、エンテロウイルス70型が原因とされる「急性出血性結膜炎」というものがあります。

 

これらはウイルスによるものであるため、人に移る事が多いと言われています。

 

アレルギー性のものは、原因のダニやハウスダストや花粉などの物質が目に入るとかゆみや充血が起こります。

 

スポンサーリンク

それぞれの原因別に分けた応急処置を説明します。

 

細菌性のものは、確実な効果があるものはないため、抗生物質の点眼薬や、軟膏などで治療を行います。

 

ウイルスによるものは、人に移りやすいためにタオルは使わずに、感染を抑えたり、二次感染を予防するための目薬などを点眼します。

 

早期に医療機関を受診する事が大切です。

 

アレルギー性のものは、水で濡らしたり、保冷剤を入れたタオルなどを目を閉じた上に乗せて、目を冷やすという方法を用います。

 

このような応急処置の方法を知った上で、結膜炎にかかった時のために備えたいものです。

 

また、これらの結膜炎では、自然と治るのを待たないと治療法がないといった場合や、医療機関での確実な治療法がある場合があります。

 

スポンサーリンク