MENU

結膜炎の症状は温める、冷やすどっちがいいの?

スポンサーリンク

結膜炎の症状というのは、現れると驚く場合があります。
ばあいによっては結膜が浮いて来てしまうという事があります。
また症状によっては非常にかゆいという症状を起こすことがあります。ではこのような結膜炎になった場合にはどのような処置が好ましいのでしょうか?
まず、かゆみがひどい場合というのは、アレルギー性の結膜炎の可能性が非常に高くなります。
この痒みの原因というのは、ヒスタミンという成分がお越しているのですが、良く夏に虫に食われて、皮膚を掻いたりしますよね?こういったときに、その患部を掻いたりすると、熱をもったり、余計に痒くなったという経験がありませんか?

スポンサーリンク

これは、皮膚から刺激を受けて、ヒスタミンを生成しているのが原因です。
そのために、掻く事で余計にかゆみがますというものです。
痒みがひどい場合には、目を洗う、点眼薬の使用もそうなのですが、全体的に結膜炎にいることは目をあっためると言うことはしないようにしてください。
アレルギー性の場合ですと痒みの増加につながるので特に注意してください。
また痒みが無い場合でも目を温めるという行動から結膜炎の症状の改善につながると言うことはありませんので温めるという選択はしないでください。
もしもやるならば、冷やすことで、結膜の炎症を抑えると言うことが出来ますので、こちらを行うようにしてください。
冷やすと言っても、直接、氷を患部に付けるといったことは避けるようにしてください。
氷水や、氷をタオルで覆うなどしてあまり冷やし過ぎないようにするのが大事です。
気の焦りやイライラから触接当てたいという気持ちもあるかもしれませんが、一度冷静になって、ゆっくり徐々に冷やすようにしてください。

スポンサーリンク