MENU

結膜炎のときのおすすめの目薬

スポンサーリンク

結膜炎とは、全結膜血管の、び漫性の潮紅を特徴とする結膜の炎症をいいます。
結膜炎を引き起こす原因は様々であります。
物理的な刺激による場合があります。
これは強い光や埃や刺激性薬物などが目に入った場合です。
病原体の感染による場合があります。
細菌、ウイルス、クラミジア、マイコプラズマ、真菌などの病原体が結膜に感染した場合です。
アレルギーによる原因もあります。
花粉、埃、細菌毒素により目にアレルギー性反応を起こした場合です。
原因をはっきりしないとおすすめの目薬を申し上げることはできません。
検査せずに目薬を用いたときに、間違えたものでしたら病気は悪化することが考えられます。
結膜炎が疑われたときは眼科にかかり、原因を調べてもらうべきです。

スポンサーリンク

結膜炎の原因が分かったときの治療方法です。
眼表面への刺激物が存在すれば刺激の除去が行われます。
過度の眼脂を認められれば洗眼を行われます。
感染による場合です。
点眼用抗微生物薬として広域性抗菌スペクトルのものを処方されます。
これには例えば、硫酸ネオマイシン、ポリミキシンB、クロラムフェニコール、ゲンタマイシン、テトラサイクリン、オフロキサシンなどがあります。
また必要に応じて抗ウイルス薬や抗真菌薬が処方されます。
アレルギーによる場合です。
このときは抗ヒスタミン薬やステロイド剤が処方されます。
おすすめの目薬は原因が分かってから断定できます。
もし病原体の感染の時に、ステロイド剤を点眼された場合、免疫が低下し、病気は悪化します。
眼科で原因を調べてもらうことはこのように大切なことです。

スポンサーリンク