MENU

結膜炎治療の目薬は、いつまで続けるべきか

スポンサーリンク

結膜炎というのは結膜に炎症が起こり、そこが赤く腫れて目やにが出る病気です。
急性結膜炎と慢性結膜炎とがありますが、どちらも直接視力に与える影響はほとんどありません。
原因はブドウ球菌や緑膿菌といった、細菌やウイルスの感染によって引き起こされるものが多くなっています。
急性の場合には急激に炎症が起こり、まぶたの裏側の結膜にブツブツが出来ます。
そのため目がゴロゴロしたり、乾燥感やかゆみ、しみるといった症状がみられることが多いです。
慢性の場合はゆるやかに発症しますので、いつなったのか分からないことも少なくありません。
軽い炎症症状があり、軽度の結膜の充血、腫れ、目やに、異物感などがあるのが特徴となっています。

スポンサーリンク

こうした結膜炎の治療としては、抗生物質の目薬を使用するのが一般的です。
いつまで目薬をさせば良いかで悩む人も多いのですが、急性の場合には大体2週間を目安とします。
その前に目の充血が治まったからといって、自己判断で止めるのは危険です。
しっかりと治さないと、慢性へと移行してしまうこともあるのです。
ですので2週間程度使用したあとに、医師の診断を受けるのがベストでしょう。
慢性の場合には急性よりも治りにくいので、根気よく治療することが大切です。
目薬の使用もいつまでというよりも、連用せずに 医師の指示を仰ぐ必要があります。
目やにがでた場合には無闇に洗眼せずに、脱脂綿などで優しく拭き取るようにします。
洗眼すると刺激が強すぎて、逆効果になることもあるので注意したいところです。

スポンサーリンク