MENU

結膜炎の治療目薬クラビット

スポンサーリンク

結膜炎は、まぶたや白目の、細菌またはウイルスによる感染が原因で起こります。
白目が充血したり、まぶたが腫れる、目やにが出る、と言った症状が出ます。
眼科において、結膜炎で診察を受ける人は比較的多く、眼科の代表的な病気とも言えます。
アレルギー性結膜炎のように、人から人へ感染しないものもありますが、細菌性やウイルス性のものは感染性が強いので、患者とのタオルの共用や、目をこするなどが原因で、人から人にうつります。
そのため、家族内だけでなく、学校や幼稚園を休んだり、水泳は禁止すると言った配慮が必要です。
また、稀に合併症を起こすこともあるため、軽く考えずに、しっかり診察を受けて、完治するまで治療をすることが大切です。

スポンサーリンク

結膜炎の治療には、抗生物質の点眼や軟膏を用います。
クラビットと言う目薬が、代表的な治療薬です。
しかし、数時間で効果が切れてしまうため、1日に数回、こまめな点眼が必要となります。
軟膏は、しっかりと目にとどまりますが、視界がぼやけると言った難点もあるため、治療薬としては、目薬の方が良く使われています。クラビットを点眼する際には、目薬の先が、まつげなどに当たらないようにします。
なぜならば、片方が結膜炎にかかっている場合、目薬の先に付着した菌やウイルスにより、もう片方の目も感染してしまうことがあるからです。
また、必ず手を良く洗って、目薬をさすようにします。
一般的な治療期間は、2週間程度と言われています。

スポンサーリンク