MENU

細菌性結膜炎用の目薬であるクラビットとガチフロの違い

スポンサーリンク

目が赤くなり、かゆくなる症状が定番の結膜炎には、複数の種類があるため、種類に応じた目薬を使うことが大切です。
ウイルス性結膜炎が最も多いですが、細菌性結膜炎も存在します。
アレルギー性結膜炎の場合は、花粉症などアレルギーの一環として治療するため、アレルギー用の治療が必要です。
ウイルス性の場合は完治する特効薬はありませんが、細菌性結膜炎の場合、抗菌作用のある目薬を選ぶことで回復が早まります。
防腐剤の入っていない、一回限りで使用できる市販薬もありますが、処方薬の目薬のほうが効果が高いという声も少なくありません。
有名な点眼液としてクラビットとガチフロがあり、どちらも細菌性結膜炎用の目薬です。
違いがよくわからない人も多く、両方処方される場合もあります。
具体的な違いとしては、効果がある最近の種類が違うことです。
クラビットはレボフロキサシンを含有し、ガチフロはガチフロキサシンが含有されています。
それぞれの成分によって退治できる細菌が異なる点眼液です。

スポンサーリンク

細菌性結膜炎で結膜に影響を及ぼす細菌は多数存在しています。
そのため、クラビットに使用されているレボフロキサシンに抵抗力のある細菌や、ガチフロに使用されるガチフロキサシンに抵抗力のある細菌も少なくありません。
両方に対する抵抗力のある細菌は今の所報告されていないため、違いとしてはクラビットとガチフロ、それぞれ抵抗力のある細菌を退治する効果がある事です。
市販薬との違いは、眼科医の診察を受けている為、目的に応じた点眼液の処方といえます。
クラビットもガチフロも、毎日つけることが大切ですが、つけ方は医師の指導を受けてください。
つけ方の違いによってクラビットだけでは無い効果を実感で切るからです。
細菌性結膜炎の目薬はクラビットやガチフロだけではなく、市販薬もあります。
違いが全てではありませんが、市販の目薬は細菌性結膜炎かもしれない時に点眼する物で、クラビットなどは細菌性結膜炎と判明してから目薬を処方される点です。
違いを理解して使い、市販薬だけで効果がない場合はすぐに医師の診察を受けてください。

スポンサーリンク