MENU

細菌性結膜炎についてと治療目薬クラビット

スポンサーリンク

結膜炎には、感染が原因で発症する感染性結膜炎とアレルギーが原因となるアレルギー性結膜炎の2種類に大きく分けられます。
細菌性結膜炎は、感染症結膜炎の一種であり、インフルエンザ菌や肺炎球菌といったごく身近な細菌が感染することで起こる結膜炎となっています。
細菌性結膜炎の症状の特徴としては、目やにが多くでることと白目が充血することがあります。
これらの症状は、細菌性結膜炎だけに限らず結膜炎全体として共通する症状となっていますが、細菌性結膜炎ででる目やにはドロっとした粘着性があり、黄緑色をした膿のようなものがでることも特徴となっています。
細菌性結膜炎になる原因としては、身体の抵抗力が弱まっていることがあります。
そのため、小さな子どもや高齢者、目を怪我した際等には注意する必要があります。
また、普段から予防する方法としては、しっかりと石鹸で手を洗い清潔な状態にしておくことや目を擦ったりしないように注意しておくことがあります。

スポンサーリンク

細菌性結膜炎にかかってしまい、病院で診てもらうとよく処方されるのが目薬のクラビットです。
目薬のクラビットには、細菌を殺菌する効果があり、細菌性結膜炎だけではなく幅広い細菌性の病気に効果がある成分が含まれています。
目薬のクラビットは、数時間で効果が切れてしまうため、1日に数回点眼する必要があります。
また、クラビットの目薬をさす際には、目薬の先がまつげ等にあたることがないようにしながら点眼することが大事となります。
この理由としては、片方だけが細菌性結膜炎になっている場合、目薬の先に付着した細菌やウイルスによってもう片方も感染してしまう恐れがあるためです。
いくらクラビットが効果があったとしても、それでは感染が広がるため注意が必要です。
また、クラビットを点眼する際には、しっかりと手を洗い清潔にした状態で目薬をさすことが大事となります。
だいたいクラビットを点眼し、2週間程度で完治するといわれています。

スポンサーリンク