MENU

様々な種類の細菌が原因で発症する細菌性結膜炎の点眼薬による治療

スポンサーリンク

目が異常に痒い、目ヤニが出過ぎる、涙が出続ける、常に白目が充血している、といった症状が現れた場合「結膜炎」が発生している可能性が非常に高いとされています。
結膜炎は、外から細菌やウィルスが侵入し発症する「感性性結膜炎」と、アレルギー反応が過敏過ぎる為に起こる「アレルギー性結膜炎」の二種類に分けられます。
感性性結膜炎の中でも、インフルエンザ菌や肺炎球菌、黄色ブドウ球菌など、私たちのかなり「身近」に存在する細菌が原因で発症する結膜炎を「細菌性結膜炎」と呼びます。
細菌性結膜炎の症状として、目の痒みや充血に加え、目ヤニがネバネバしていることが多く、また緑っぽい色味であるのも大きな特徴とされています。
細菌性結膜炎は感染力はあまり高くありませんが、免疫力の低い高齢者や乳幼児、風邪などで免疫力が落ちている人、目を怪我している人は、非常に感染しやすいとされています。
乳幼児の細菌性結膜炎は「インフルエンザ菌」が原因の場合が多く、高齢者は「黄色ブドウ球菌」が原因である場合が多いとされています。

スポンサーリンク

医療機関での細菌性結膜炎の治療は「抗生物質の点眼薬」と「軟膏」の使用が一般的です。
細菌性結膜炎を発症させる細菌の種類は様々ですので、まずは発症の原因となっている「細菌の種類」を特定する為の検査を行うのが一般的です。
その原因菌の種類によって、使用する点眼薬・軟膏の種類も異なります。
原因菌に適した抗生物質の点眼薬を使い続ければ、一週間前後で目の症状は改善していきます。
点眼薬や軟膏を使い続けても、一向に回復しないといった場合には、別の種類の細菌が原因であったり、また「逆さまつ毛」が原因となっていることも少なくありません。
一週間以上、処方された点眼薬を使い続けても症状が改善しない場合は、再度医療機関で精密な検査を行いましょう。
市販の結膜炎用の点眼薬も薬局で販売されてはいますが、細菌性結膜炎の場合、原因菌の種類に適した点眼薬を使用しなければ、症状は改善しないどころか悪化するケースもあります。
目が痒い、充血が引かない、緑っぽい粘着性の目ヤニが出続けるといった症状が現れたら細菌性結膜炎を疑い、早期に医療機関で検査を行うようにしましょう。

スポンサーリンク