MENU

細菌性結膜炎は出席停止になるか否かについて等

スポンサーリンク

細菌性結膜炎とはその名前からも分かるように、目の疾患の一つである結膜炎の一種となります。
結膜炎とは目の中にある結膜という膜に、何等かの理由で炎症が起きてしまう疾患の事を言います。
結膜炎が発生する原因については複数考えられますが、代表的なものとしてアレルギー等を挙げる事が出来ます。
ちなみに細菌性結膜炎はその名の通りに細菌に感染するのが原因となっていて、原因となる細菌は数種類あります。
 細菌性結膜炎を引き起こす可能性のある最近の種類としては、インフルエンザ菌や黄色ブドウ球菌、肺炎球菌等が挙げられます。
これらの細菌が目に付着して繁殖する事により、結膜に炎症を引き起こしてしまう事が少なくないのです。
 ちなみにこれらの細菌に感染してもすぐに症状が現れるわけではなく、ある程度繁殖してから症状が現れてきます。
この感染から発症までの期間を潜伏期間と言い、細菌の種類によって潜伏期間は異なるのが特徴です。
またアレルギーが原因の結膜炎は両目に発症するのが基本ですが、細菌性の場合には片目だけ発症する事も少なくないと言われています。

スポンサーリンク

 細菌性結膜炎を発症した場合に現れる症状としては目の痒みや充血、目やにが大量に発生する等が挙げられます。
それ以外にも目や瞼が腫れたり、目の中がゴロゴロするような異物感を感じるといった症状が現れる事もあります。
 細菌性結膜炎の治療方法については薬物療法を行うのが一般的で、抗菌薬等の処方を行う事になります。
ただ原因となっている細菌の種類によって処方される抗菌薬が異なる事もあるので、まずは検査で原因菌を特定する必要があります。
 ちなみに子供が細菌性結膜炎を発症した場合に、幼稚園や学校等は出席停止になるのか否かが気になるところです。
この疾患を発症すると学校等が出席停止となるか否かについては、結論から言えば出席停止が義務とはなっていないです。
 ウイルス感染が原因の場合には感染力が強いので、学校等への出席は停止するように義務付けられています。
しかし細菌性結膜炎の場合にはウイルスほど感染力は強くないので、出席停止の義務は基本的にないのです。
ただ出席停止の義務はなくても結膜炎の時の目は刺激等に敏感なので、場合によっては出席停止ではないですが休みを取らせるのも有効だと言えます。

スポンサーリンク