MENU

細菌性結膜炎の症状が治らない原因について等

スポンサーリンク

細菌性結膜炎とはその名前からも分かるように、目の疾患の一つである結膜炎の一種になります。
結膜炎とは目の疾患の中でも有名なもので、何等かの理由で結膜という目の中の膜に炎症が起こる疾患の事を言います。
結膜炎が発生する原因については複数考えられますが、代表的なものとしてアレルギー等を挙げる事が出来ます。
 ちなみに細菌性結膜炎とはその名の通りに細菌感染が原因となっていて、その原因となる細菌はいくつか挙げられます。
 細菌性結膜炎の原因となりやすい細菌の種類としては、黄色ブドウ球菌や肺炎球菌、インフルエンザ菌等があります。
これらの細菌が目に付着するとその場で繁殖して、やがては結膜に炎症を引き起こす事があるのです。
 ちなみに細菌性結膜炎は細菌に感染してすぐに症状が現れるわけではなく、ある程度細菌が繁殖した所で症状が現れてきます。
この感染から発症までの期間の事を潜伏期間と言い、この期間の長さは細菌の種類によって異なります。

スポンサーリンク

 細菌性結膜炎を発症した場合に現れる症状としては目の痒みや充血、目やにの大量発生等が挙げられます。
この中でも特に目の充血や目やにの大量発生は現れやすい症状となっていて、目やにはドロとした膿のようなものが混じる事も多いです。
 細菌性結膜炎の治療方法については薬物療法が基本となっていて、原因菌に対する効果が期待出来る抗菌薬等が処方されます。
この時に処方される抗菌薬の種類は原因菌によって異なるので、まずは検査で原因菌を特定する事が大切です。
 ちなみに細菌性結膜炎を発症した人の中には、いつまで経っても症状が治らないと訴える人もいます。
この症状がいつまでも治らない原因ついては、加齢等による免疫力の低下の影響等が考えられます。
 人間には自分の体を守る免疫という機能が備わっているのですが、年齢を重ねる事で自然とこの機能が低下していきます。
免疫機能が低下すると細菌等に対抗する力が弱くなり、細菌性結膜炎を始めとする感染症が治らない状態になる事があります。
またこの症状がいつまでも治らない状態が続くと、細菌性結膜炎が慢性結膜炎へと移行してしまう事もあります。
慢性結膜炎になると更に症状が治らない状態が続いて、治療を続けてもなかなか治らない事も少なくないです。
そのため目の異常に気付いたら早めに病院を受診して、治らないという状態になるのを防ぐ事が大切だと言えます。

スポンサーリンク