MENU

子供や幼児が急性結膜炎になったときの対処方法

スポンサーリンク

子供や幼児は大人に比べると身体が未成熟なので、いつの間にか病気になっていることが珍しくありません。
 そのため、保護者は子供や幼児の様子を常に確認し、異変を察知したら何らかの形で対処する必要が生じます。
 では、その子供や幼児がなりやすい病気とは一体何かと言いますと、急性結膜炎があります。
 急性結膜炎は、その名前にあるように、潜伏期間がわずか一日と短く、あっという間に白目の部分まで真っ赤になってしまうのが特徴です。
 このため、急性結膜炎を患った幼児や子供のみならず、その様子を見た保護者も何か悪い病気になったのではないか、と慌ててしまうことが珍しくありません。
 こういう場合に必要なのは、冷静な対処です。
これは保護者も一緒になってパニックになると、子供や幼児が余計に不安になるからです。
 対処方法としては、かかりつけの医師の元へ足を運ぶことが一般的です。
 この方法を用いる利点は、素人ではなく専門家が原因を調べ、治療してくれることです。

スポンサーリンク

 急性結膜炎は、潜伏期間が短いように、発症期間も短く、わずか一週間程度で元通りになります。
 そのため、特に対処方法を考案しなくても平気だと考えている人が珍しくないのです。
 しかし、急性結膜炎により生じた目やには、高い感染力を持っています。
そのため、対処方法怠ると、他の幼児や子供にまでそれをうつしてしまうことになります。
 そのため、急性結膜炎だと判明したら、その症状が治まっても、油断しないようにしましょう。
 対処方法としては、医師に完治したと判断されるまで、登校や登園を控えることとなります。
 これは集団生活の場だと、一気に急性結膜炎が広がる可能性があるためです。
 この方法を用いる際は、子供や幼児にそれをあらかじめ言い含めるようにしましょう。
そうしないと子供が強いストレスを感じてしまいます。
 どのような対処方法も、治療を受ける側の理解があってこそ成り立ちます。
相手が小さな子供だからと、それを怠らないようにしましょう。

スポンサーリンク