MENU

急性結膜炎の治療期間について等

スポンサーリンク

急性結膜炎とは目に関する疾患の一種で、目の中にある結膜という膜に何等かの理由で炎症が起こる事を言います。
結膜炎には慢性のものと急性のものの2種類がありますが、一般的に結膜炎というと急性結膜炎を指す場合が多いです。
 急性結膜炎が発生する原因については主に、アレルギーと感染の2種類に分類する事が出来ます。
前者のアレルギーはその名の通りに何等かのアレルギーが原因となって発症するタイプで、原因物質は人によって異なります。
アレルギーの原因物質の代表的なものとしては、ダニやペットの毛、何等かの花の花粉等が挙げられます。
花粉が原因の場合には多くの花が咲く春に症状が出やすいですが、中には秋に症状が現れるという人もいます。
 後者の感染が原因で起きる急性結膜炎については、ウイルス感染と細菌感染の2種類に分類する事が出来ます。
ウイルス感染の場合にはアデノウイルスやエンテロウイルス等が原因となる事が多く、感染力が強いので注意が必要です。
細菌感染の場合には黄色ブドウ球菌や肺炎球菌、インフルエンザ菌等が代表的な原因として挙げられます。

スポンサーリンク

 急性結膜炎を発症した場合に現れる症状としては目の痒みや充血、目やにが大量に発生する等があります。
それ以外にも目や瞼が腫れたり、目の中がゴロゴロするような異物感を感じるといっった症状を訴える患者も多いです。
 急性結膜炎の治療方法については原因等によって異なり、細菌感染が原因の場合には抗菌薬の処方等が行われます。
これに対してウイルス感染が原因の場合には今のところ特効薬がなく、炎症を抑制する薬や細菌感染を防ぐ薬等で悪化を予防します。
 原因がアレルギーの場合にはまずアレルギーの原因物質を特定して、それを遠ざけた上で抗アレルギー薬の処方等が行われます。
 ちなみに急性結膜炎の治療にかかる期間についてですが、これは原因や状態のひどさ等によって異なってきます。
例えば細菌感染で症状が軽度の場合には、抗菌薬という特効薬もあるので治療期間は比較的短期間となります。
しかしウイルス感染が原因で状態が重い場合には特効薬もないので、治療期間はある程度長くなる可能性があります。
 そのため治療期間がどのくらいだと言いきるのは難しく、人によって治療期間に違いがあると言わざる負えません。
ただ一般的には相当重い状態でなければ、2〜3週間程度の治療期間となる事が多いと言われています。

スポンサーリンク