MENU

ウイルス性結膜炎の目薬の種類について等

スポンサーリンク

ウイルス性結膜炎とはその名前からも分かるように、目の疾患である結膜炎の種類の一つになります。
結膜炎とは目の中にある結膜という膜に、何等かの理由によって炎症が起きてしまうという疾患です。
結膜炎が発生する原因については複数考えられますが、代表的なものとしては花粉を始めとするアレルギー等が挙げられます。
ちなみにウイルス性結膜炎はその名の通りにウイルス感染が原因で、原因となるウイルスはいくつか種類があります。
 ウイルス性結膜炎の原因となるウイルスの種類としては、アデノウイルス等がよく知られています。
それ以外にもエンテロウイルスやコクサッキーウイルス、ヘルペスウイルス等が原因となる事も少なくないです。
 これらのウイルスが目に感染するとその場で増殖を開始して、感染からしばらくしてから症状が現れてきます。
この感染から発症までにかかる期間を潜伏期間と言い、アデノウイルスなら1週間程度、エンテロウイルスなら1日程度かかるとされています。

スポンサーリンク

 ウイルス性結膜炎を発症した場合に現れる症状としては目の痒みや充血、目やにが大量に発生する等が挙げられます。
それ以外にも目の中がゴロゴロするような異物感を感じたり、目や瞼が腫れたりする場合も少なくないです。
 ウイルス性結膜炎の治療については今のところ特効薬がなく、本人の体内でウイルスに対する抗体で出来るのを待つしかないです。
この抗体が出来るまでにはおよそ2週間程度かかるとされていて、状態が快復するまでには数週間かかる事になります。
 ただウイルス性結膜炎を完治させる特効薬がなくても、様々な種類の目薬を使って悪化を防いだりする治療は行われます。
この時に処方される目薬の種類としては炎症を抑制する種類の目薬や、細菌感染を予防する種類の目薬等が挙げられます。
 これらの目薬にはウイルス性結膜炎を根本から治す作用はないですが、悪化を防ぐ意味では効果が期待出来ます。
そのため病院から処方された目薬は途中で使うのを止めたりせずに、その目薬が終わるまで使い切る事が大切になります。

スポンサーリンク