MENU

アレルギ−性結膜炎に効く目薬の成分について

スポンサーリンク

アレルギ−性結膜炎に効く目薬の成分について、ご紹介します。
アレルギ−性結膜炎とは、目の表面に花粉やハウスダストなどアレルギ−反応を引き起こす物質が付着することが原因で、結膜に炎症が起こる目の病気です。
眼科を受診した際の治療は、基本的には薬物療法が中心となり、かゆみの症状を軽くするために目薬が処方されるようになります。
 アレルギ−性結膜炎に効く目薬は、かゆみを抑える効果の高い成分である抗ヒスタミン薬が使われます。
抗ヒスタミン薬や抗アレルギ−点眼薬の成分で効果がない場合には症状が重症となりますので、ステロイドの成分を含んだ目薬が使用されるようになります。
重度のアレルギ−性結膜炎に効く目薬の成分は、ステロイドや免疫抑制の成分を含有した点眼薬となります。
 アレルギ−性結膜炎に効く目薬は、必ずしも眼科で処方してもらわなくても、目が少し充血している程度であれば、市販の目薬でも効果があります。
アレルギ−性結膜炎に効く目薬の市販薬の成分は、抗アレルギー作用や抗ヒスタミン作用のある成分となります。

スポンサーリンク

 眼科で処方されるアレルギ−性結膜炎に効く目薬については、アレルギ−症状を引き起こすヒスタミンが、血管や神経に存在する受容体に結合しないように作用する、「ヒスタミンH1受容体拮抗薬」もしくは、「メディエータ―遊離抑制薬」となります。
メディエータ―遊離抑制薬とは、肥満細胞からヒスタミンなどのアレルギーを引き起こす物質(メディエータ―)を出さないようにする目薬です。
そして、前述しましたように、重症の場合のアレルギ−性結膜炎に効く目薬は、ステロイド薬となります。
 ステロイド薬は効果が高い反面、副作用も現われるリスクも高いので、必ず眼科の医師の指示に従って、用法・用量を守って点眼するようにしなければいけません。
また、軽度の場合には市販の目薬でも効果があるのですが、結膜炎はアレルギ−だけが原因ではなく、細菌やウィルスが原因でも罹患します。
つまり、症状が似ていても原因は異なるというわけです。
市販のアレルギ−性結膜炎の目薬を使用しても症状が改善されない場合には、眼科を受診するようにしましょう。

スポンサーリンク