MENU

アレルギ−性結膜炎を放置した場合の症状について等

スポンサーリンク

アレルギ−性結膜炎とはその名前からも分かるように、目の疾患の一つである結膜炎の一種になります。
結膜炎とは目の中にある結膜という膜に、何等かの理由で炎症が起きてしまうという疾患になります。
結膜炎が発生する原因は細菌感染を始めとして複数挙げられますが、アレルギ−性結膜炎はその名の通りにアレルギーが原因で発症します。
 アレルギ−性結膜炎を発生させるアレルギーの原因物質は人それぞれですが、代表的なものとしてはダニやペットの毛等が挙げられます。
それ以外にも花粉がアレルギーの原因物質となる事も多く、この場合には花粉症という病名で呼ばれる事もあります。
花粉症は多くの花が咲く春に症状が現れる事が多いですが、それ以外にも秋に症状が現れるケースも少なくないです。
またコンタクトレンズやアイメイクが原因となって発症する事も珍しくないので、普段から注意しておく事が大切だと言えます。
 アレルギーは目だけではなく全身に症状が現れる事もあるので、自分のアレルギーについて知っておく事も重要です。

スポンサーリンク

 アレルギ−性結膜炎を発症した場合に現れる症状としては目の痒みや充血、目やにが大量に発生する等が挙げられます。
この時の目の痒みはとても強い場合が多く、我慢出来ずに掻きむしってしまうと目を傷つけて視力低下に繋がる事もあります。
 ちなみにアレルギ−性結膜炎の発症に気付きながらも放置を続けた場合には、症状が重くなる事も少なくないです。
例えば花粉症は花粉が飛散する時期が過ぎれば症状は落ち着きますが、一年中原因物質と触れている場合は放置をする事で悪化する事もあります。
 放置をすると結膜炎の症状が強くなるのは勿論ですが、それ以外にも放置によって全身に影響が及ぶ事も考えられます。
放置を続けるとひどい時にはショック症状を起こして、最終的には命に関わる事態になる事もあります。
また治療に関しても放置期間が長くなれば、それだけ治療にかかる手間や期間が長くなってしまいます。
そのためアレルギ−性結膜炎の疑いがある場合には放置せずに、出来るだけ早めに病院を受診して治療を受けるのが望ましいです。
 アレルギ−性結膜炎の治療方法は原因等によって異なるので、まずは原因を特定する事が重要になります。
原因が特定出来たらその原因を出来るだけ遠ざけて、アレルギー薬の点眼等を行う場合が多いです。

スポンサーリンク