MENU

アレルギ−性結膜炎痛い、症状や原因について

スポンサーリンク

アレルギ−性結膜炎とは、アレルギー反応によって結膜に炎症が起きている状態のことを指します。
結膜とは、眼球の裏側に異物などが入り込まないよう、白目・まぶたの裏側を覆っている繊細な粘膜であります。
この粘膜は眼球を守るため、常に涙で湿っている為に、細菌やウイルスにとっては繁殖しやすい絶好の場所なのです。
さて、アレルギ−性結膜炎の原因となるアレルゲンはというと、花粉やハウスダストなどと様々です。
これらのアレルゲンが目の表面に付着することによってアレルギ−性結膜炎の症状は現れます。
花粉などが原因で特定の時期にのみ症状が現れる場合は、季節性アレルギ−性結膜炎と呼ばれ、原因として最も多いのがスギ花粉によるものです。
そして、季節問わず一年中症状が現れる場合は、ハウスダストやダニ、ペットの毛、またはコンタクトレンズの汚れなどが原因となって症状が現れていると考えられます。
これは通年性アレルギ−性結膜炎と呼ばれています。

スポンサーリンク

アレルギ−性結膜炎の主な症状は、目や瞼のかゆみ、異物感、目やに、または目の赤みや腫れ、充血などと体質によって様々であると言えます。
症状がひどい場合には、目や瞼が痛いと感じることもあり、なかにはヒリヒリ痛い症状が長く続くことによって、頭まで痛いという重篤なケースになることもあります。
この場合、痛い原因は、アレルギ−性結膜炎に併発して他に目の異常があることもありますので、早めに眼科を受診するのが最善です。
また目や瞼が痛い原因として、アレルギー反応によって生じたかゆみに対して、目や瞼を激しくこすったり、かいたりしたことも考えられます。
かけばかくほど、かゆみが増すというのもアレルギー反応の特徴であり、かゆみは和らぐどころか、目や瞼に傷がつき痛い症状を引き起こしてしまいます。
まず原因を取り除くことがアレルギ−性結膜炎の症状や、[痛い][かゆい]などの不快感を取り除く方法であるので、適切な専門医の治療を受けることが何より大切です。

スポンサーリンク