MENU

アレルギ−性結膜炎と食べ物の関係について等

スポンサーリンク

アレルギ−性結膜炎とはその名前からも分かるように、目の疾患の一つである結膜炎の一種になります。
結膜炎とは目の中にある結膜という膜が、何等かの理由によって炎症を起こしてしまうという疾患の事です。
結膜炎が発生する原因についてはいくつか考えられますが、代表的なものとしては細菌やウイルスの感染が挙げられます。
ちなみにアレルギ−性結膜炎はその名の通りにアレルギーが発症原因で、そのアレルギーの原因物質は人それぞれです。
 アレルギ−性結膜炎を引き起こすアレルギーの原因物質の代表的なものとしては、ダニやペットの毛等があります。
それ以外にも花粉が原因となって発症してしまう事も少なくなく、この花粉を原因として発症したものを花粉症と呼んだりもします。
花粉症は多くの花が咲く春に症状が現れやすいですが、それ以外にも秋に症状が現れるという人も少なくないです。
 アレルギーは完治させる事が難しい疾患でもあるので、上手くコントロールする方法を身に付ける事が大切になります。

スポンサーリンク

 アレルギ−性結膜炎を発症した場合に現れる症状としては目の痒みや充血、目やにの大量発生等が挙げられます。
それ以外にも目や瞼が腫れたり、目の中がゴロゴロするような異物感を感じるといった症状が現れる事もあります。
 アレルギ−性結膜炎の治療については今のところ特効薬がなく、患者の体内でウイルスに対する抗体が出来るのを待つしかないです。
しかし、ただ待つだけではなく目薬等を使って、炎症を抑制したり細菌感染を予防する等の治療が行われます。
 ちなみにアレルギ−性結膜炎は食べ物との関係も深く、良い関係となる食べ物もあれば悪い関係となる食べ物もあります。
良い関係の食べ物としてはレバーやバナナ等があり、これらの食べ物には抗アレルギー作用があるため症状の緩和が期待出来ます。
ただしレバーは食べ過ぎるとアレルギ−性結膜炎の症状を悪化させる事があるので、ほどほどにする事がポイントと言えます。
 逆に悪い関係となる食べ物に関しては卵や牛乳、小麦粉等といったアレルギーを引き起こしやすい食べ物があり注意が必要です。
それ以外にも食べ物とは少し違うかもしれませんが、アルコールも悪い関係となっています。
アルコールは目の充血を引き起こす関係にあるため、目の充血から症状の悪化を招いてしまう可能性が高いのです。

スポンサーリンク