MENU

アレルギ−性結膜炎は自然治癒が可能か否かについて等

スポンサーリンク

アレルギ−性結膜炎とはその名前からも分かるように、目の疾患の一つである結膜炎の一種になります。
結膜炎とは目の中にある結膜という膜が、何等かの理由によって炎症を起こすという疾患の事を言います。
結膜炎を発生する原因は細菌感染等複数挙げられますが、アレルギ−性結膜炎はその病名の通りにアレルギーが原因となります。
 アレルギ−性結膜炎を発生させる原因物質は人によって様々ですが、代表的なものとしてダニやペットの毛等が挙げられます。
また花粉が原因となって発症するケースも多く、この花粉が原因の場合には花粉症という病名で呼ばれる事もあります。
花粉症の場合には多くの花が咲く春に症状が現れやすい事で有名ですが、春だけではなく秋に症状が現れる人もいます。
それ以外にもコンタクトレンズやアイメイクが原因となるケースも少なくなく、普段から注意しておく事が大切だと言えます。
 アレルギーは目だけではなく全身に症状が現れる事も多いので、自分のアレルギーについて知っておく事も有効です。

スポンサーリンク

 アレルギ−性結膜炎を発症した場合に現れる症状としては目の痒みや充血、目やにの大量発生等が挙げられます。
特に目の痒みは強く現れる場合が多く、我慢出来ずに掻いてしまうと目を傷付けて視力低下を招く事もあります。
 アレルギ−性結膜炎の治療方法は原因等によって異なるため、まずは原因を特定する事が重要になります。
原因が分かったらその原因物質を出来るだけ遠ざけるようにして、アレルギー薬の点眼等を行うのが一般的です。
 ちなみにアレルギ−性結膜炎は自然治癒が可能か疑問に思っている人もいますが、どの程度を自然治癒とするかで可能か否かは異なります。
もしも症状が落ち着く事が自然治癒だと考える場合には、確かに自然治癒は可能だという事が出来ます。
しかし完治させる事が自然治癒だと考えるならば、自然治癒は可能ではないという事になります。
 何故ならアレルギー反応は完治させる事が不可能なため、それが原因となるアレルギ−性結膜炎も完治は不可能だからです。
そのため上手くコントロールして症状を抑える事が自然治癒というか否かによって、可能か不可能かが変わってきます。

スポンサーリンク