MENU

アレルギ−性結膜炎が治らない原因とは

スポンサーリンク

アレルギ−性結膜炎とは、目にアレルギーを引き起こす物質が付着することによって起こる、結膜炎症状のことを指します。
一口にアレルギ−性結膜炎といっても、花粉など特定の季節にだけあらわれる季節性のものや、ハウスダストやペットの毛などが原因となる通年性のものがあります。
アレルギ−性結膜炎は、目のかゆみが特徴です。
その他に、まぶた、まぶたの裏側の炎症、目の充血、目やにが増えるなどといった症状が起こることが多いです。
目のかゆみによってまぶたや皮膚を一緒にこすって、皮膚が傷つくということもあります。
また、なかなか治らない状態でひどくなると、結膜浮腫といって白目部分に水分を含んだような浮腫ができ白目がむくむ状態になることもあります。
目の異物感を放っておくと、まぶたの裏にブツブツができる巨大乳頭結膜炎に発展することもあります。
アレルギ−性結膜炎になったときは、症状を悪化させないよう、点眼薬を利用し、さらにアレルギー原因を除去して予防に努めるようにすることがおすすめです。

スポンサーリンク

アレルギ−性結膜炎はなかなか治らないという場合の原因として、治療法が間違っているという場合があります。
市販の点眼薬などでなかなか治らない場合は、違う病気である可能性がゼロとはいえませんので、しっかりと医師に相談して原因を突き止めることがおすすめです。
また、アレルギ−性結膜炎が治らない原因として、コンタクトレンズの使用が挙げられます。
通年性の症状の場合、コンタクトレンズの汚れが原因であったり、それが季節性の症状を悪化させていることも考えられます。
コンタクトレンズは清潔に保つことが必要で、十分な洗浄が行われないとアレルギ−性結膜炎を悪化させ、なかなか治らないという状態になる原因になってしまうのです。
症状が悪い場合は、コンタクトレンズの使用を一旦中止することがおすすめです。
アレルギー体質であるとアレルギ−性結膜炎はなかなか治らない、と考える人もいますが、年齢を重ねるとアレルギー体質が緩和されたり、体質が変わることがあります。
治らないと思っていても、ふと改善することがあります。
だからといって、治療を怠ると、ひどい症状になる可能性があるので、きちんと治療しながら予防することが大切です。

スポンサーリンク