MENU

アレルギ−性結膜炎で眼帯は有効か否かについて等

スポンサーリンク

アレルギ−性結膜炎とはその名前からも分かるように、目の疾患の一つである結膜炎の一種になります。
結膜炎とは目の中にある結膜という膜に、何等かの理由で炎症が起きてしまう疾患の事を言います。
結膜炎が発生する原因については複数の事柄があり、代表的なものとしてはウイルスや細菌の感染による発症が挙げられます。
ちなみにアレルギ−性結膜炎の原因はその名の通りにアレルギーで、このアレルギーの原因物質は人によって異なります。
 アレルギ−性結膜炎を引き起こすアレルギーの原因物質については、ダニやペットの毛等が代表的なものとして挙げられます。
それ以外にも花粉が原因でアレルギーが発生してしまう事も多く、この場合には花粉症という病名で呼ばれる事もあります。
花粉症は多くの花が咲く春に症状が現れやすいのですが、人によっては秋に症状が現れるというケースも少なくないです。
 アレルギーは完治させる事が難しい場合も多く、薬等を使って上手くコントロールして付き合っていく事になります。

スポンサーリンク

 アレルギ−性結膜炎を発症した場合に現れる症状としては目の痒みや充血、目やにの大量発生等が挙げられます。
この時の目の痒みは強く現れる事も多くあり、我慢出来ずに掻きむしると目を傷付けて視力低下等の症状が発生する事もあります。
 アレルギ−性結膜炎結膜炎の治療についてはまず最初に原因を特定する事が大切で、特定してそれを遠ざけるのが有効です。
その上でアレルギー薬の点眼で症状を緩和したり、ステロイド薬で炎症を鎮めたりといった治療が行われます。
  ちなみにアレルギ−性結膜炎を発症している時に、眼帯を装着するのは有効なのか否かが気になる人も少なくないです。
結膜炎で病院を受診すると治療中は眼帯をする事が有効だから、眼帯をするように指示を受ける事もあります。
確かに一般的な結膜炎は細菌等の感染によって引き起こされるものなので、こういった場合は眼帯で周囲の人にうつすのを防ぐ意味で有効だと言えます。
 しかしアレルギ−性結膜炎は人にうつる疾患ではないので、そうゆう意味では眼帯の装着は有効とは言えないです。
ただアレルギ−性結膜炎を発症している時の目は非常に敏感になっているので、周囲の埃等の影響を受けて悪化する事があります。
こうした埃等から目を守るという意味では、眼帯をして防ぐのは有効だと言えます。
そのためアレルギ−性結膜炎でも眼帯が有効になるケースがあるので、医師の指示に従って装着するのが望ましいと言えます。

スポンサーリンク