MENU

結膜炎を治す目薬は処方薬がより有効です

スポンサーリンク

結膜炎は目に起きる病気の一種で、これにはウイルス性・細菌性・アレルギー性の3種類のタイプがあります。
ウイルス性のものは、片目または両目に感染して光に敏感になるのが特徴です。
このタイプの結膜炎は感染しやすく治療が困難で、合併症も起きやすいので注意が必要です。
しかし自然治癒の可能性もあり、その場合には1〜3週間で治ります。
細菌性のものは、ネバネバした膿が目の角に出来て、悪化してしまうと目が開けられない状態にまでなってしまうのが特徴です。
このタイプは片目か両目に感染し、眼科での治療が必要で、抗生物質が処方薬として出されます。
アレルギー性のものは鼻水や鼻づまりを伴って一見、目とは関係がないように思えますが、両目に症状が起きて、酷い場合には眼科を受診しなければなりません。

スポンサーリンク

また、痛みがあったり、膿を拭いても視力が戻らなかったり、目が充血していたり、免疫力が低下していたり、抗生物質を服用しても24時間以内に症状が改善しない場合には医師に相談することが重要です。
結膜炎の中でも特に感染しないアレルギー性のものなら、自宅でのケアも出来ます。
例えば、市販の抗ヒスタミン剤や充血除去剤が有効です。
また、目を定期的に洗浄したり、膿をこまめに拭くことが大切です。
さらに、目薬を用いるという手段もあります。
目薬には涙の代わりとなる生理食塩水が潤滑剤として加えられているので、目の乾燥を抑え、目に悪影響を及ぼす汚染物質を洗い流す効果があります。
それでも治らない場合には、眼科に行って医師の処方薬(抗生物質・抗ヒスタミン剤・ステロイドを含みます。
)である目薬や軟膏を用いると、より早く治すことが出来ます。

スポンサーリンク