MENU

結膜炎の治療にかかる期間

スポンサーリンク

結膜にできる炎症のことを一般に結膜炎と言いますが、その原因は様々です。
点眼薬で、比較的短期間に治る細菌性のものや、角膜まで炎症が起こるクラミジア性のものなどがあります。
ウィルス性のものは、一般的にはやり目と言われる流行性角結膜炎、プール熱と呼ばれる咽頭結膜炎、急性出血性結膜炎にに分けられます。
それぞれ潜伏期間や治療に要する期間は異なります。
はやり目は潜伏期間が、1〜2週間あり、充血や目やになどの症状が出てから、10日ほどで症状が軽くなります。
プール熱も、1週間ほどの潜伏期間の後、咽頭痛や発熱などが発症し、治るまでに10日ほど要します。
急性出血性のものは、1〜2日で発症し、1週間ほどで治ります。

スポンサーリンク

ウィルス性の結膜炎は、周囲の人に移るので、生活を共にする人も注意が必要です。
周囲に感染した人がいれば、周りの人も石鹸でしっかり手洗いし、タオルを共用しないなど予防を心がけましょう。
感染した人は、医師の許可があるまで、学校や保育園、幼稚園はお休みする必要があります。
細菌性のものは、点眼薬で早めに治りますが、ウィルス性のものは、治療がより困難になります。
かかってしまうと特効薬はなく、ウィルスに対する免疫ができるのを待つしかありません。
抗体ができるまでには2〜3週間かかります。
また、片方の目が治っても、もう片方の目に感染してしまうこともよくあり、治るまでの日にちがさらに長くなってしまうこともあるので注意しましょう。

スポンサーリンク