MENU

結膜炎の治療方法や期間、目薬や放置した場合などについて

スポンサーリンク

結膜炎という病気を聞いたことがあると思います。
結膜炎というのは、結膜が充血して赤くなることで炎症を起こす病気です。
まず、結膜という場所ですが、白目の部分からまぶたの裏側までを被っている半透明な部分のことを指します。
この結膜という部分が炎症を起こすことで、結膜炎という病気になります。
また結膜炎には種類があり、感染等で発症する「細菌性結膜炎」ウイルスが原因の「ウイルス性結膜炎」アレルギーが原因で発症する「アレルギー性結膜炎」と種類があります。
細菌性の結膜炎に感染した際の特徴としては、目ヤニが黄色っぽく、粘りがあるのが特徴です。
また他の症状としては白目が充血します。
主に、自然界に多く存在している細菌が原因でおこることが多く、黄色ブドウ球菌などが挙げられます。
比較的に治りが早く、抗生物質をしようすれば数日で完治します。
また、二次感染で他者に感染することはほぼありません。

スポンサーリンク

まれに、抵抗力が弱い赤ちゃん、幼児に感染する可能性があるのでご注意ください。
ウィルス性結膜炎の場合ですと、その名のとおり、ウイルスが原因で発生します。
アデノウイルスなど種類が様々あり、症状も原因によるウイルスによって異なってきます。
ウイルス性の結膜炎で有名なものと言ったら「はやり目」になるでしょう。
こちらは、感染してから、潜伏期間があり、大体1週間から2週間とながい期間が潜伏期間になります。
目に異物感を感じ始め、まぶたが腫れたり、充血、目やに涙がでます。
また治りが遅い、治療の開始が遅れた場合に、角膜にも炎症がおこることがあり、目が霞んだり、ぼやけたりと、視界が見えづらくなることがあります。
完治までの期間はながく、2、3週間の期間がかかることがります。
角膜まで炎症が広がった場合には、その期間も数箇月と伸びることがあり、場合によって、角膜に傷がつきその後が残る恐れがあります。
ウイルス性の結膜炎というのは、非常に感染力が強く、はやり目という名前から、集団での感染(パンデミック)のように一気に広がりを見せますので注意をしてください。
アレルギー性の結膜炎は体の拒絶反応が原因で起こる免疫が引き起こしているものです。
特に、近年は症状を起こす人数も増加しています。
花粉、排気、ハウスダストとアレルギー反応を起こすものというのは今の世の中に多く存在します。
点眼薬を使用することで症状を抑えることができます。アレルギー物質が身近になければさほど結膜炎を起こす事がないので、自分のアレルギーは何かを知っておく事が大事になります。

スポンサーリンク